レインボーシックスシージジャパンDLC、オペレーターリークに指名

パブリッシャーであり開発者であるUbisoftが、 レインボーシックスシージの日本版DLCの名前をOperation Red Crowとして公式に明らかにする一方、次のアドオンのオペレーターはリークする。

今週の初めに、 レインボーシックスシージのファンは、Ubisoftが真っ暗な背景に黒いワタリガラスのように見えるものを描いた暗号画像をツイートした後、戦術ファーストパーソンシューティングの次の日本語DLCのテーマについてのアイデアを与えられました。 現在、出版社と開発者は拡張の正式名称を明らかにすることを決定しており、同社はそれを「オペレーションレッドクロウ」と呼んでいます。

以下のレインボーシックスシージの公式Twitterアカウントからのツイートにあるように、Ubisoftはフランチャイズのファンにアドオンの詳細情報を「待機」するよう指示しています。 出版社と開発者は、オペレーションレッドクロウに関する詳細は今週後半に発表されると述べていますが、会社は正確な日付を確認できていません。

[HTML1]

Ubisoftによって認可された公式ニュースを超えて、 レインボーシックスシージの次の日本での拡張セットは、ゲームの今後のオペレーターに関するさらに別のプレスリークに遭遇したようです。 どうやら、誰かが詳細をシューティングゲームの公式サブレディットに投稿することにより、秘密保持契約(NDA)を破ったため、アドオンを通じて2人の攻撃および防御キャラクターの名前と肖像が明かされ、ゲームに登場しました。

以下の画像に見られるように、cheesetoaster13として知られるRedditユーザーの礼儀により、 Rainbow Six Siegeの2つの新しいオペレーターはEchoとHibanaとして知られています。 静止画がキャラクターの能力の何らかの指標である場合、エコーは恐らく防衛オペレーターである可能性があります。彼は、マップ上で敵を配置する可能性のある何らかの技術的デバイスのように見えるものを保持しているためです。 一方、ヒバナは、ある種の化学成分が注入された弾を発射する能力があるように見える、かなり大きなアサルトライフルを装備しており、おそらく彼女を攻撃オペレーターにしているようです。

いずれにしても、 Rainbow Six SiegeのOperation Red Crow DLCが進行中のことから、UbisoftがOperation Skull Rainのリリース以降、できるだけ多くの人々にタイトルをプレイしてもらい続けたいと考えていることは明らかです。 当然のことながら、同社のより大きな目標は、 Rainbow Six Siegeのユーザーベースをさらに拡大し、タイトルがローンチ時よりもアクティブなプレーヤーを増やすことです。

レインボーシックスシージは、PC、PlayStation 4、Xbox Oneで利用できるようになりました。

推奨されます

Dead By Daylight:The 5 Best Maps(&5 Worst)
2019
大乱闘スマッシュブラザーズリークがゲームにDLCとしてありそうもないキャラクターを追加していると主張
2019
ウィッチャー3:ハートオブストーンからの10のオプションのサイドクエスト
2019